朝鮮日報より~~「復帰作は映画で」 きままにYOO。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
あんにょん^^

旅のルポの前に朝鮮日報にインタビューの記事が載っていましたので、とりあえずそれを載せますね^^


コン・ユが横浜ファンミ開催で会見、「復帰作は映画で」 



889134786476604676.jpg



昨年12月に除隊した俳優コン・ユが28日、パシフィコ横浜国立大ホールにて「コン・ユ ファンミーティング2010~With YOO~」を開催し、5000人のファンとの触れ合いを楽しんだ。この日に先立ち、26日には神戸国際会館こくさいホールでもファンミーティングを開催、満員の2000人の観客を動員したばかり。
 コン・ユは同会場にてファンミーティング開催前に会見を行い、「思った以上に緊張している。ファンに会いたい気持ちが強かった」と緊張と喜びの気持ちを語った。
 2年間の兵役生活で自身の変化を問われると、「軍隊では個人よりも団体が優先される。規制された状況の中、ついていかなければならない。忍耐力がついた」とし、「俳優という仕事では、スタッフら周りに助けてくれる人がいる。そのため一人で何かをすることに慣れていなかった。(軍隊では)小さなことも自分で解決しなければならなかった。最初は大変だった」と明かした。



 どんなことかといえば、「韓国の男性なら難しいことではないが、下着を洗うとか、片づけをするとかそういう普通の簡単なことだが、普段は母親がやってくれていたので」と語り、「でも問題は、除隊をしたらやらなくなること」と言って笑いを誘った。


 軍隊で自信のついたことについては、「射撃が上手だった。イノシシを追いかけたり、ウサギを捕まえたり、木を切ったり…ペンキ塗りの作業があったが、それがうまいとほめられた」などと、楽しそうに振り返った。



 そんな入隊中に日本で「コン・ユ ジャパンオフィシャルファンクラブ~With YOO~」(http://gong-yoo.jp)が発足した。その名称「With YOO」は自分で選んだという。「休暇で外に出た時に、ファンクラブができたと聞いた。そして、いくつか候補が上がっていた名前の中から自分が選んだ」と語り、「ファンの皆さんと永遠に一緒にいられたらうれしい」と発足の喜びを口にした。


 気になる復帰作など今後の活動計画については、「まだ確定したいものはない。しかし、以前から映画に出たかった。除隊後の復帰作は映画と決めていた」との意思を明かした。



 その上で、「(作品選びには)慎重になってしまう。大作ということよりも、自分が満足できて、ファンの方が楽しんでくださるような作品を選ぶのは大変。ドラマを見たいという方が多いが、まず映画をやって、その次にドラマをやりたい」との展望を示しながらも、「2年間待っていていただいた上、作品を選ぶことでさらに待っていただいて、申し訳ない気持ち」とファンへの気遣いを見せた。


 作品のオファーは相当押し寄せているようだが、「以前は強い役、悪役に近い役、サイコパスなどをやってみたいと思ったが、除隊後少し考えが変わった。今はファンの皆さんが好んでくれるような、自分も共感できるような役をやりたいと思っている」との希望も口にした。



 さらに「単にキャラクターに頼るのでなく、ジャンルに関係なく、完成度の高い作品ということを念頭に置いている。『(500)日のサマー』のような映画がいいと思っている」とした。


 なお、この日のファンミーティングの模様は、韓国100%エンターテインメントチャンネルMnetにて4月17日午後11時に放送される。






014706682847668029.jpg





066359554953941964.jpg





104600359551260890.jpg






333980641019715450.jpg



いつも靴がピカピカのYOOちゃん~~~可愛いね

2010.03.01 
Secret

TrackBackURL
→http://emimaiaya.blog15.fc2.com/tb.php/610-9842da4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。